ラインガウ音楽祭に行ってみた

こんにちわ、グルケです!!
サッカーのワールドカップも終わり、
なんだか気が抜けた感じです。
なかなかブログの更新が進んでいませんでしたが
今回は大作です!しばしお付き合い下さい。

6月~9月ぐらいはドイツ各地で「XX音楽祭」
なるものが開催されます。
音楽祭と言ってもお祭りがあるわけではなく
その都市や地方にある単一または複数の会場で
連日連夜様々なコンサートが行われるというものです。
フランクフルト近郊では
ワインの産地として知られるラインガウ地方の
幾つかの教会・修道院などに加え、
フランクフルトのオペラ座、ヴィースバーデンの
クアハウス内のホール、マインツなど周辺都市も
含めて開かれる「ラインガウ音楽祭」が有名で、
毎年大盛況です。
マイバスのライン川クルーズのツアーでも立ち寄る
リューデスハイムもラインガウ地方にあります。
グルケは毎年この音楽祭のコンサートに2-3回
出かけるのですが、今年最初のコンサートに
先月行ってきました!
panfu.jpg


今回はマインツにあるサンクト・シュテファン教会での
パイプオルガンのコンサート

マイバス・ドイツのブログやTwitterでも既に紹介されている
シャガールのステンドグラスで有名な教会です。
Staind Glass 2


奏者は、ハンブルグに新しく鳴り物入りでオープンした
「エルプ・フィルハーモニー」のオルガンの弾き初めでも有名な
ラトヴィア出身のイヴェタ・アプカルナさん。
ベルリンとリガをベースに世界中で活躍されている
女性オルガニストです。
Apkalna.jpg

(お写真はパンフから拝借させて頂きました)

さて20時の開演に備えて、19時過ぎにに到着すると
教会の前の広場には既に人があふれかえっており
ワインとシャンペンなどを出す屋台には長蛇の列。

早めに用を足しておこうと教会の裏側にある
トイレに行ったらまだ3-4人しか並んでいなかったので
ラッキー!と思ったのもつかの間。
なんと男女1つずつしかないんです。トホホ。(;_;)

しかも並んでおられる淑女方の平均年齢はかなり高く
亀の歩みより遅い進行状況。甘かった。。。
「あー、こういうとき男でよかったー!」などと
人の神経を逆なでするような軽口を叩きながら
どんどん入れ替わる殿方の列に向かって
心の中で中指を立てながら、待つこと15分以上。

やっと次が私の番!閉まっていたドアの施錠が外される
カチャという音とともに反射的に半歩前に出たところで
誰かの指が二の腕に触れ、背後から
「ごめんなさい、でもちょっといいかしら」
という大変丁寧な中にも有無を言わせない力のこもった
明るい女性の声が。
「え?何処のあつかましいドイツ人が!」(*`へ´*)
と反射的に軽く眉間にしわを寄せながら振り返って
その女性と目と目が合うこと3秒。
シェーっ!!! ((((;゚Д゚)))))))  
目の前に立ち私の二の腕をつかんでいた、
柔らかく美しい指の持ち主は、
なんと本日の演奏者様ご本人ではないですか!
その瞬間、眉間のしわは目じりに速攻で移動し、
「も、もちろんです!ど、どうぞ、どうぞ!
そうじゃないと開演おくれちゃいますもんねー!」などと、
すぐ後ろに並んでいた高齢のご婦人と揃って
首をブンブン縦に振りながら、しどろもどろに
冗談にもならないへりくだり方でお先にどうぞ。

そうか、教会だと控え室にトイレなんてないんだ。。。
世界中を回る音楽家と聞けばお花いっぱいの控え室に
香水漂う白亜のトイレ
で優雅に用を足されるような
イメージがあるけれど
地方の公演だと大変なことも多いんでしょうね。

彼女のなんともいえない気品と知的な笑みに
クラクラしそうになると同時に、
同じトイレを共有したという変な親近感が沸きました。

教会でのパイプオルガンの演奏を聴きに行かれた
事のある方ならご存知だと思うのですが、
パイプオルガンは向かって正面にないことが多く
後ろ側にある場合には奏者が演奏しているところは
体やクビをひん曲げてみなければ見えないので、
みんなビジュアル抜きで正面を向いて聞き入る形になって
傍から見るとちょっとまぬけな感じがすることがあります。

今回は聖壇の脇にあったので、正面を見る席なら奏者も
見える位置だったのですが、グルケの席は運悪く
聖壇を挟んでオルガンとは反対側の脇に設けられた
仮設席だったので演奏する姿は全く見ることができませんでした。
Orgel 1


司会の方の紹介を受けたイヴェタ・アプカルナさんは
さっきトイレで遭遇したときのTシャツにジーンズという
カジュアルないでたちとは打って変わって、黒いステキな
ロングドレスで華やかに登場。
平坦な教会内で背の高いドイツ人に囲まれていたので
殆ど見えなかったけど「へっへー、さっき真近で見たもんねー。
しかも手まで触れ合っちゃったもんねー。」

と心の中でどや顔&妙に余裕のグルケ。

演目はバルト3国出身の作曲家によるオルガン曲
ということで、まったく聞いたことがない曲ばかり
だったのですが、オルガンの響きを十分に堪能できました。

演奏者が見えないということは、音楽がビジュアルに
影響されることがないので、純粋に「ライブ」に
のめりこむことができるというメリットがあります。

以前行ったコンサートでは、あるバイオリニストの動きが
間寛平さんのようにヒョコヒョコしていて
それまでのクールなイメージが崩れてしまったり、
別のバイオリニストはどこか船越栄一郎さん似で、
演奏をしている姿と、絶壁の上で片平なぎささんと
犯人を説得する船越栄一郎さんが重なってしまって
自分でウケてコンサートどころじゃなくなったり
ある指揮者の陶酔しきったあまりに激しい動きに
入り込めなくて引いてしまったり、と
「見なきゃ良かった」ということが多々ありましたが、
今回はそういうのがなくて音楽ピュアーです。

グルケはパイプオルガンは大好きなんです。
アーチ形の天井に反響してまるで音のレインシャワー
を浴びている感じでへヴィメタやハードロックの
コンサートに共通する快感を覚えます。

Orgel 3

インターバルの間にオルガンに近寄ってみてみました。
コンサートホールにあるような大型の壮麗なものではなく
こじんまりしてパイプはオルガンの上に
空から降ってくるイメージで立てられており
近代アートのオブジェのよう。
Orgel 2

シャガールのステンドグラスに合っています。
Staind Glass 1


ヨハネス・クライス・オーゲルバウという
ボンにある有名なオルガン工房による作品で、
ハンブルグのエルプフィルハーモニーなど
国内のみならず世界中のオルガンも手がけていて
京都コンサートホールのオルガンもこの工房の
手によるものなんだそうです。

足のペダルはこんな感じ。
Orgel 4

昭和30~40年代の方ならご存知かと思いますが
「柔道一直線」という青春ドラマで近藤正臣さんが
柔道着を来て足でピアノを弾くというシュールな
場面
があったのですが(ギャグではなくシリアスに)、
どうもそれを思い出してしまいました。(*´v`)

ということでコンサートは大盛況のうちに終了。
普通なら奏者には花束が贈られますが、
ラインガウはワインの産地ということで
地元のワインが贈られるのがこの音楽祭の特徴です。

ドイツの音楽祭、なかなか良いコンサートが多いので
早めにチェックが必要です。
またパイプオルガンを聴いたことがない方
機会があれば是非一度聞いてみてくださいね!



スポンサーサイト

2018-07-16(Mon) 14:17| ✿スタッフ日記| トラックバック(-)| コメント 2

VWドレスデン工場

久し振りの登場、支店長のクネーデルです。

ガラス張りの工場として知られるフォルクスワーゲン(VW)のドレスデン工場。日曜日にガイドツアーで内部を見学しました。日曜日のため作業現場は見られませんでしたが、ラインを止めた状態のままの工場内部を回り、また電気自動車をテーマとした展示スペースも合わせて見学しました。
フォルクスワーゲン工場外観


組立工程のある工場内は写真撮影禁止ですが、一般の展示スペースは撮影可能のため、ガラス張りの構造から、遠めに工場内部イメージいただけます。
2内観

ドイツ語、英語による工場見学が可能。ガラス張りで工場内は明るく、大変清潔感があります。
ここドレスデン工場では2016年までフェートン車を長く製造。2017年4月からはE-Golf車に特化した生産を開始しました。部品の工場への搬入から、組み立て行程、またガソリン、ディーゼル車との違い、また電気自動車にまつわる最近の話題など、参加者の質問を受けながら、興味深い説明とともにガイドツアーは進められます。電気自動車の導入に積極的なノルウェーにも輸出されており、北欧の極寒の環境下にも耐え得る仕様にしているとのこと。
3 E-Golf車

1日72台のE-Golf車が製造されています。車工場としては規模は小さく、注文を受けたら、現在3ヶ月待ちの状況。E-Golf車はVW本社のあるヴォルフスブルグ工場でも製造されていますが、ヴォルスブルグでは、一般のGolf車と並行して電気自動車のE-golfが生産されています。
4内観

カスタマーサービスとしてドレスデンでは、電気自動車以外の新車を受け取っていただくことは可能。工場内のカータワーではE-golf車以外の車種の車も陳列されています。
平日及び土曜日は電気自動車の試乗体験も可能(有効な免許証要)です。
お洒落なレストラン、その名もE-Viturm(80席)。
5レストランE-Viturm1

2017年4月のE-Golf製造を基に工場内の展示も大幅リニューアル。ドレスデン工場では電気自動車のみ生産を開始。工場見学の他、工場内の展示も電気自動車及び電気自動車の社会に特化した展示を楽しむことができます。
7内観
8展示 充電

2019年又は2020年に新しくVWが導入する電気自動車の3種類のモデルの内、1車種がここドレスデン工場で製造される予定。未来の自動車として電気自動車が注目される中、VWの電気自動車製造のショーケース的な存在のドレスデン工場、今後の発展に要注目です。





2018-07-09(Mon) 20:08| 観光する💖| トラックバック(-)| コメント 1

フランクフルトのレストラン

こんにちは、ビーちゃんです。
旅行するとどこで食べるか結構悩みますよね。今回はフランクフルトのレストランをご紹介します。 参考になれば幸いです。 

↓↓↓ 続きを読むからどうぞ! ↓↓↓



 ✨✨✨✨✨ 続きを読む ✨✨✨✨✨

2018-07-05(Thu) 14:59| 食べる💖| トラックバック(-)| コメント 2

ドイツで2番目に大きな市街祭・ハイナーフェスト(Darmstadt)

(2018年6月30日のツイッター #ハイナーフェストレポ まとめです)

日本も梅雨が明けたようで、初夏の到来ですね!
いつもお世話になっておりますブルストです!

さて、天気は快晴・気温もどんどん上がって絶好の夏祭り日和だったこの土曜日にフランクフルトから40kmほど南の街ダルムシュタットで開催されている68. Darmstädter Heinerfestへ行ってまいりました🎵




↓↓↓ 続きを読むからどうぞ! ↓↓↓




 ✨✨✨✨✨ 続きを読む ✨✨✨✨✨

2018-06-30(Sat) 19:06| ✿スタッフ日記| トラックバック(-)| コメント 2

4年ぶり

こんにちは。フラムクーヘンです。

ドイツに住むようになった初めての年の2014年に、ワールドカップでドイツが優勝したわけですが、早いものでまたワールドカップがやってきました。日本でも盛り上がっているようですね。

なぜか今回はワールドカップがあることに直前まで気付かなかったのですが、パン屋さんで売られている、このサッカーボールのサンドイッチで、ワールドカップが始まることに気付きました。

20180625_180821.jpg





↓↓↓ 続きを読むからどうぞ! ↓↓↓



 ✨✨✨✨✨ 続きを読む ✨✨✨✨✨

2018-06-26(Tue) 16:39| ✿スタッフ日記| トラックバック(-)| コメント 1

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム