FC2ブログ

お散歩

 Hallo ピスタツェンです。
いつも食べ物の話ばかりを書いているので、今回は趣向を変えて自然のお話を

ご存知の方も多いとは思いますが、ドイツ人はお散歩が大好き
いつも歩いているイメージがありますそのお陰なのか公園や遊歩道などが沢山あります

私の家の近くにはNidda川沿いに遊歩道があります。
週末の朝はマイナスイオンを求めて一時間くらい歩くようにしています
今の時季は動物たちの子供が見れるので癒されています

Nidda川
Nidda river

こんな感じの道をてくてく歩いています
Path.jpg


↓↓続きを読むからどうぞ↓↓



 ✨✨✨✨✨ 続きを読む ✨✨✨✨✨
スポンサーサイト

2018-05-23(Wed) 16:11| 暮らす💖| トラックバック(-)| コメント 2

5月の祝祭日について。

5月のドイツは祝祭日がちょっと多めです。

Mai2018.jpg
(これはヘッセン州のカレンダー)

5/01(火) メーデー
5/10(木) キリスト昇天祭
5/21(月) 聖霊降臨祭
5/31(木) 聖体節

マイバスドイツ支店のあるヘッセン州では以下の4日を祝日のため休業とさせて頂きます。オンラインからのご予約やお問合せは翌営業日から順次ご回答申し上げます。


※州によって、祝祭日の設定は多少異なりますのでご注意くださいね!!
デュッセルネットさんでとても解かりやすくまとめられています✨




2018-05-04(Fri) 14:00| 現地情報| トラックバック(-)| コメント 0

シュパーゲルがやってきた!

こんにちは。ブレッツェル夫人です。
冬の長いドイツにも必ず春はやって来る!
3月の終わりに夏時間となり、暦はすでに4月の後半です。
ここ最近のフランクフルトは暖かいいやっ!暑いくらいです。
いいですね~。きりっと冷やした白ワインやビールがおいしい季節がやってまいりましたっ。
もう一つ、この季節で私が楽しみにしているものがあります。
それは、、、
シュパーゲル(Spargel=アスパラガス)です。\(^o^)/
Spargel購入2
もっと早い時期からスペインなど暖かい国からやってくるものもありますが、やっぱり4月から6月にかけて出回るドイツ国産シュパーゲルが一番!
この時期、シュパーゲルは旬の食材としてあちらこちらで販売されています。
日本でアスパラガスといえばグリーンが多いと思いますがこちらでこの主役となるのはホワイトアスパラガス。
甘みと独特の香りと歯ごたえがたまりませんっ。
もちろんスーパーや市場でも売っていますが畑の脇に小屋ができて、その日の朝採れたばかりの新鮮なものを販売していますので、私はここで買うことが多いです。
表示料金は1キロあたり。時期や等級で金額は変わります。
本日は2等を1kg買いました。
Spagel 購入
白アスパラはグリーンと違って皮をむかないといけないのですが、これが結構面倒。
近頃良く見かけるのが自動皮剝き機。購入したら無料で使わせてくれます。
私は今日初めて使ってみました。


↓↓続きを読むからどうぞ↓↓



 ✨✨✨✨✨ 続きを読む ✨✨✨✨✨

2018-04-21(Sat) 16:24| 暮らす💖| トラックバック(-)| コメント 1

フランクフルト イベント情報

5、6月はストリート・フェスティバルがよく開催される時期です。私達の地元、フランクフルトのイベントをご案内します。

<食、飲>
Liebfrauenberg  Wine Fest   5月1-13日
中心部Hauptwache からレーマー広場に向かう途中にあるLiebfrauenkirche(教会)の隣の広場で小規模なワインフェストがあります。時間は15.00頃から夜までです。

Grüne Soße Festival   5月12-19日
場所: Roßmarkt周辺
フランクフルト名物グリューネゾーゼ(ハーブの入ったサワークリーム風味のソース)のお祭りでグリューネゾーゼを使った料理の屋台が出ます。

Fressgass Fest   5月23日-6月1日
フレスガッセと呼ばれる、Große Bockenheimer 通りで毎年あるお祭り。屋台が沢山出て何を食べるか迷ってしまいます。

Opernplatzfest   6月27日-7月6日
場所 Alte Oper 前 コンサートホール、Alte Oper 前の広場であるお祭り。こちらも屋台がたくさん。
(写真は2017年のものです)
Opernplatz fest

※現時点での情報です。

天候が良いこの時期、外で太陽にあたりビールやワインを友達や家族と飲みワイワイするのがドイツ人の楽しみのようです。

フランクフルトへお越しの際は立ち寄ってみてください

2018年4月18日


2018-04-18(Wed) 14:07| 現地情報| トラックバック(-)| コメント 2

ドイツでの車の運転

こんにちは、ビーちゃんです。
ドイツ在住約5年でやっと日本の免許からドイツの免許に書き換え、最近ドイツで車を運転し始めました。
今日はドイツでの運転についてご紹介します。

まずは運転免許。ドイツの運転免許への書き換えは日本の運転免許証が有効期限内で、ドイツでの住民登録後に更新されていない場合に可能です。(在ドイツ日本国大使館より)
大使館、又は領事館にて公式の翻訳を作ってもらい、ドイツの免許センターへ行き申請します。4-6週間ほど後に郵便で案内が届き、受け取りに行きます。

運転免許をゲットしたら運転できますが、日本と違う部分もあるので、事前に交通ルールを確認しましょう。インターネットにドイツの標識や交通ルールについて日本語で説明しているサイトがあるので私はプリントアウトして覚えるようにしました。

<日本と違うところ>
イギリス、アイルランド以外のヨーロッパはほぼ左ハンドル、右側通行です。

交差点は日本と違ってラウンドアバウト(英: roundabout、日本語:環状交差点)になっているところが多いです。交通量が少ないところは信号なしのラウンドアバウトの方が渋滞が起こらずスムーズなようです。入るときは中を走っている人が優先、出るときは方向指示器を出す必要があります。

アウトバーン(高速道路)部分的に最大速度が決められている部分を除いては制限速度がありません。また料金は無料なので、料金所がありません。
追い越し車線は物凄いスピードで走っていく車がいるので、走行車線を走るのが無難です。


↓↓続きを読むからどうぞ↓↓



 ✨✨✨✨✨ 続きを読む ✨✨✨✨✨

2018-04-17(Tue) 14:30| 暮らす💖| トラックバック(-)| コメント 2

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム