FC2ブログ

豊かな自然にホッ!! <ツークシュピッツェ編>

♪はるがきたぁ、はるがきたぁ~~フンフンフフン~♪
鼻歌混じりにサマータイムをとっても楽しみにしております、ピルスです。
どーも、こんにちは~\(^o^)/

陽も徐々に長くなってきたので、そろそろ冬眠生活から脱出すべく、
まずはリハビリとして妄想旅行を始めてみました

っと言うことで、本日は以前に出掛けた
ツークシュピッツェGO

ツークシュピッツェはドイツ最高峰の2962mの山
ちょうどドイツ・バイエルン州とオーストリア・チロル州の国境にある山で、
天気が良ければイタリア・スイス・オーストリア・ドイツにある
400以上の山々を360度パノマラで眺望できるのです

これまた国境またぎです 笑 

ミュンヘン中央駅から普通列車で2時間足らずで
ガルミッシュ・パルテンキルヒェンと言う(噛んでしまいそうな長い名前の)
麓の町へ。そこから登山列車とロープウェーを乗り継ぐだけで
簡単に行くことができるのです。
何を隠そう・・・登山しなくていいのです。VIVA ビバッ


ガルミッシュ・パルテンキルヒェン駅の真裏に登山列車乗り場があります。
そこで麓⇔登山列車⇔ロープウェー往復のツークシュピッツ ェチケットを
購入。(チップ入りカード)
Zugspitze (1)



↓↓続きを読むからどうぞ↓↓





アクセスは2通りあるのですが、今回はアイプゼー駅で下車。
そこで今度はロープウェイに乗換です。 
(登山列車最終駅まで行って、そこから別のロープウェイでも行くことが
できます)
Zugspitze (3)


ロープウェイでちょちょいのチョイッッッ!! と頂上アタック。
Zugspitze (4)


実は展望台から数十メートル先のココが本当の頂上なのですが、
6月上旬まだ雪が多すぎて立ち入り禁止になっていましたΣ(´Д`*)
Zugspitze (9)


展望台からの景色をドーン
↓↓↓アイプ湖が見えます。
Zugspitze (8)

Zugspitze (6)

Zugspitze (15)

↓↓↓迫力満点。
Zugspitze (7)

頂上にはレストランやギフトショップがあるので、
絶景を眺めながらゆっくり過ごすこともできます。 
ピルスはここでクイーッと一杯やらない訳がないヽ(≧∀≦)ノ

そして頂上で国境またぎです
ドイツからオーストリアへ (この先がオーストリア)
Zugspitze (10)


絶景をたっぷり堪能した後は、ロープウェイ乗り場のすぐ側にある
アイプ湖
湖畔をお散歩するのはいかが
日光浴がてらボーっとしていたら・・・いつの間にかお昼寝

(ぐるりと1周8キロ。2~2.5時間程かかるので、どれくらい歩くかは
自分に聞いてくださいね)
Zugspitze (17)

Zugspitze (16)

澄んだ水がとっても気持ちがいいですね
頂上と下界の気温差はすごいでので、山の鉄則「重ね着」で!!
Zugspitze (20)



その後更に下って、麓の町、ガルミッシュ・パルテンキルヒェンを散策
そうそう、ここは1936年冬季オリンピックが開催されたことでも有名です。
 
フレスコ画が美しい町並みです
Zugspitze (23)

Zugspitze (25)

Zugspitze (26)

Zugspitze (27)

どっぷり妄想旅行していたら、本当に行きたくなりませんか
今年も大自然の癒しを求めに行ってこようかしら
みなさまもいかが??ヽ(≧∀≦)ノ

さてさて、妄想旅行から一旦現実の世界へ・・・・・ 笑



2018年3月16日
スポンサーサイト

2018-03-16(Fri) 12:40| 観光する💖| トラックバック(-)| コメント 2

コメント

絶景ですね。

お疲れさまです。

写真でもこんなに綺麗なんですから、実物を見たら、どんなに絶景なんでしょう!!しかも、ロープウエイで展望台まで行けるとは、歩かなくてもすむので、よぼよぼ間近の私にはありがたいでしょうね(笑)。

Seilbahn!この前覚えたばかりのドイツ語です(笑)。その下に日本語が書いてあるのですか。ちょっとびっくりです。

2018-03-17(Sat) 00:58 | URL | マネージャーK #-[ 編集]

Re: 絶景ですね。

マネージャーK様

我ながら、綺麗な写真が取れたと思っていて、よく写真を見返しては癒されています (笑)e-257

ロープウェイで簡単にアクセスが出来るというのは、アウトドア派でない観光客にも大自然の絶景を楽しんでいただけるのでいいですよね。 日本語標記は驚きましたが、同時に違和感も若干感じています。
 
ピルス

2018-03-21(Wed) 09:59 | URL | MyBusGermany #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム