FC2ブログ

バイエルン国立歌劇場 舞台の見え方レポート

グリュース・ゴット!
気温が上がったり下がったり、体調管理に気をつかう今日この頃。グミベアです。

「グリュース・ゴット Grüß Gott」はドイツ南部バイエルン地方で使われる「こんにちは」のあいさつ言葉です。

バイエルンには他にも、友だち同士やカジュアルな場で使う「ルヴス!Servus」というあいさつがあります。英語の「Hi!」にあたります。主に男性が使っているのですが、個人的に「セルヴス」はドイツ語のあいさつ言葉の中で一番カッコイイ響き。「セルヴス」が聞こえると反射的にそっちを見てしまいます。笑



さて先日ミュンヘンに行ってきました。

こりずにまたバレエを観てきました。
しかも前回と同じ演目。笑
前回記事はこちら 

file-2.jpg
バイエルン国立歌劇場 Bayerische Staatsoper


前回観てとても楽しかったので、今回はもっと近くで観たいなと思い、できるだけ前の席をねらっていました。 チケットは公式サイトの一般販売で購入。今回も発売初日にパソコンの前にスタンバイし、発売開始時刻10:00ぴったりにポチっとなをしたら、「Platz 505(あなたは505番目です)」と表示されました(汗)。前回もこのくらいの順番だったなと思いながらオンライン上で待つこと約45分(汗)、やっとこさで順番がまわってきて、、、平土間2列目の席がおさえられました!1列目は残念ながら売り切れていましたが、2列目以降はまだなんとかぱらぱらと残っていました!


↓↓続きを読むからどうぞ↓↓






で、こちらが2列目からの見え方です!
file-4.jpg
開演前の様子


感想は、舞台とオケが本当に目の前

上演中は撮影NGなので残念ながら写真はありませんが、ダンサーさんの表情ひとつひとつや筋肉の動き(!)までよく見えました。表情がはっきり分かるとさらに感情移入できて感動でした。


大注目だったのがオケのメンバーさん。曲が終わるときってよく打楽器を打ち鳴らして「ジャン!」と大音量で終わるじゃないですか。そのとき打楽器さんのひとりが、自分はそこは叩かないらしく、肩をすぼめて耳を必至に押さえて大音量をこらえていました。笑 それに気付いた前列のお客さんたちがクスクス・・・とても平和な一幕でした。 華のあるお仕事にも苦労はあるのですね。こういった場面が見れるのも前の席だからこそだなと思います。

オケにはアジアの方も何人かいらっしゃいましたよ。


2列目から後ろを振り返るとこんな感じ。前回の席は赤い★印のあたり。
file-11.jpg

前回の席から見た舞台はこんな感じでした。今回の席は緑の★印のあたりです。
IMG_41999.jpg


同じ演目も場所を変えて観るとまた違った楽しさがあり、さらにもう一回観たくなってしまいました。笑



そして前回行きそびれてしまった2階のホワイエも今回はちゃんとチェック!

ホワイエへ上る階段
file-9.jpg

豪華でびっくり!!
file-7.jpg

幕間の休憩時間。ゼクト(ドイツのシャンパン)を片手に語らってる人も。
file-5.jpg


前回以上にバレエとバイエルン国立歌劇場を楽しむことができました。

以上、簡単ですが現地レポートでした!


ご興味を持たれた方はぜひバイエルン国立歌劇場のサイト(こちら)で公演日程をチェックしてみてくださいね!不定期ですが中を見学できるガイドツアーもやっています。


ミュンヘン市内と周辺都市の観光スポットをお楽しみいただけるマイバスツアーも要チェックです!
ミュンヘン発 現地オプショナルツアーはこちら


2018年4月25日
スポンサーサイト

2018-04-25(Wed) 15:57| 観光する💖| トラックバック(-)| コメント 2

コメント

バレエもいいですね。

お疲れさまです。

ミュンヘンでバレエも楽しめるのですね。しかも、国立歌劇場、すごく立派です。いいですねぇ。

Grüß Gott!JTBさんのツアーのロマンチック街道とオーストリアの旅で、ドイツ南部からオーストリアではこの挨拶ばかり聞きました。懐かしいですね。また聞きたいなぁ。

2018-04-25(Wed) 23:27 | URL | マネージャーK #-[ 編集]

Re: バレエもいいですね。

マネージャーK様

いつもありがとうございます。

ぜひ観にいらしてください♪
そして観劇のあとは美味しいバイエルン料理のお店で店員さんやローカルの人々とGrüß Gottで仲良くなっちゃいましょう!

2018-04-26(Thu) 13:56 | URL | MyBusGermany #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム