FC2ブログ

花の島マイナウ島

こんにちは、久々に登場のリースリングです!
先日ボーデン湖のマイナウ島に行ってきたので、その様子をちょっとご紹介します。

ドイツとスイスの国境となっているボーデン湖に浮かぶ“花の島”マイナウ島は、中世にはドイツ騎士団の所有でしたが、今では温暖な気候で年中花が咲き、世界中から多くの観光客が訪れます。
コンスタンツや近隣の街からバスやフェリーで行くことができます。

入り口で花のオブジェがお出迎え
Sato JUN2018 1



↓↓↓ 続きを読むからどうぞ! ↓↓↓








アフリカがテーマのエリア
Sato JUN2018 2

Sato JUN2018 3


蝶の館←個人的なハイライトでした
様々な種類の蝶が飛び回っていて、人懐っこい蝶は人の腕や肩にもとまっていました。
Sato JUN2018 7

Sato JUN2018 8

さなぎを集めたコーナーも。
Sato JUN2018 9


お城
バロック様式のお城。この日は残念ながら翌週のイベントの準備のためにクローズでした。
隣の教会と隣接する温室では結婚式の準備をしていました。こんなところで結婚式が出来たらステキですね
Sato JUN2018 10

カッセルを彷彿とさせる水の芸術
Sato JUN2018 11

フリードリヒスハーフェンから飛行船が飛んでいました
Sato JUN2018 13

島は思ったよりも広く、かなり歩きます。
レストランやカフェも点在しているので、疲れたら休憩を。
Sato JUN2018 16

Sato JUN2018 17


植物だけではなく、動物もいますよ!
Sato JUN2018 14

Sato JUN2018 15

写真はありませんがヤギも沢山いて、触れることもできます。
エサも販売していて餌付けも可能です。
ただ、奈良の鹿が鹿せんべいを見て襲ってくるのと同様に、ヤギもどんどん群がってきますのでくれぐれもご注意を(笑)
スポンサーサイト

2018-06-21(Thu) 12:48| 観光する💖| トラックバック(-)| コメント 2

コメント

こんな島があるとは。

お疲れさまです。

へーえ、ドイツにこんな島があるんですね。
動物や植物を楽しめるだけでなく、お城や
レストラン、カフェ(←食いしん坊の私に特に
重要な物(笑))までもあるんですね。

飛行船とは、何かツェッペリン伯号を思い出します。
古すぎです(笑)。

2018-06-21(Thu) 14:16 | URL | マネージャーK #-[ 編集]

Re: こんな島があるとは。

マネージャーK様

いつもコメントありがとうございます!
ボーデン湖畔にはツェッペリン博物館もあります(しかも一つではありません)ので、機会があれば是非いらして下さい!

2018-06-22(Fri) 11:16 | URL | MyBusGermany #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム