FC2ブログ

プファンドって知ってる?

こんにちは。研修生さくらです!
この前スーパーに行ったら、みんなが自販機みたいなところにボトルを入れてたの
なんでー??と思って先輩のブレッツェル夫人に聞いてみた

ごきげんよう私がブレッツェル夫人よ
せっかくだから丁寧に教えてあげるわねうふふ


・ドイツではPFAND(プファンド)というシステムがあります。
これは簡単にいうと瓶やペットボトルについて購入時に補償金を払い、
後で空き瓶・ボトルを戻した時に返金されるというものです。

Bottle1.jpg


↓↓↓ 続きを読むからどうぞ! ↓↓↓ドイツ ドイツ旅行 行き方 穴場 買い方 探し方 電車 個人旅行 フランクフルト ミュンヘン お勧め オススメ バロック ロココ ノイシュバンシュタイン城 ディズニー メルヘン ヴィース教会 自力 自力で行く バス 電車 ローカル ヨーロッパ 死ぬまでに行きたい世界の絶景 絶景 タビジョ 女子旅 お一人様 一人旅 思い出 観光 見所 現地情報 セール お得 安い 充実 ツアー オプショナルツアー JTB






・お店で主に飲料を購入すると以下のようなレシートが出てきます。
うっかりくちゃくちゃに、、、失礼。

onda1.jpg

金額はモノによって異なりますがだいたいビール瓶で8~15セント
500mlのペットボトルや缶で15~25セントが一般的です。
(金額はそれぞれ1本あたり)

・これはビールです。
ラベルがかわいくて好きなんです。

Onda4.jpg

ちなみにこの瓶は飲みかけでも再保存できる蓋(パッキン仕様だから漏れない優れもの)なんですよ。

・6本パックのお水

Onda2.jpg

6本で65セントなのに、プファンドが25セント x 6本で1,50ユーロ。
合計で2,15ユーロになるのです。
これを知らないで売り場の値段だけ見てレジに向かった場合ちょっと混乱してしまいますよね。

ちなみにお水はガス入りとガス無しがあります。
モノによってはガスの量(炭酸度の強弱)が異なるものもあります。
写真水色のボトルはガス入り(Mediumと書いてあります)、赤色はガス無し(STILLと書かれています)です。
「ガス無しがいい」という方は購入時にここもチェックしましょう。

2bottles.jpg


・飲み物以外に瓶入りのヨーグルトにもかかるものがあります。

jogurt.jpg


・プファンドがかからないケースもあります
このシステムはドイツのものなので海外から輸入したモノにはかかりません。
また、国内生産でも以下のようにかからないモノもあるのです。
かからないモノにはOhne PfandとかPfand freiなどと描かれている場合が多いです。

Onda5.jpg

Pfandがかかる、かからないはレジで自動的に本体とプファンド代を別で計算し、
印字されたレシートが出てくるので心配ご無用です。

・続いて返金の受け取り方です。
プファンドのかかる商品を取り扱っている中型から大型の店舗ではほとんど自動回収返金機が備え付けられています。

Onda11.jpg

個人商店などで機械の設置がない場合はレジに持っていけば返金してくれます。

・機械の投入口にボトルの底の方から入れます。

Onda12.jpg

ボトルはベルトに乗って、奥のほうでラベルを読み取られ、該当金額を計算、
複数の瓶がある時は加算されていきます。

Onda10.jpg

プファンド対象外のボトルは止まってしまいますので取り出してください。
⇒ご自身でゴミ箱に破棄していただきます

注意)プファンド対象かどうかの読み取りはボトルに
張られたラベルにデータとして組み込まれていますのでラベルをはがしたモノは対象外になってしまいます。
はがさないようにご注意ください。

Bottle1.jpg

・全てのボトルを投入し終えたらボタンを押してください。
返金用のレシートが出てきます。

Onda14.jpg
Onda13.jpg

これをレジに持っていけば現金で返してもらえます。
お買い物をした場合はその合計からプファンド分を差し引いて精算することも可。

・8セント、25セント、とはいえ『ちりも積もれば・・・』です。
ドイツならではの体験ですので機会があれば是非お試しください♪


【番外編】
・プファンド対象外の瓶の処分
一般商店で取り扱っている国産ビールのほとんどがプファンド対象であるのに対し、
ワインの瓶は対象外です。
その他、ジャムや保存野菜などガラス素材の空き瓶の処分先として専用の回収所があります。

ショッピングセンターの駐車場や、駅、地域のちょっとしたスペースなどに設置されていることが多いように思います。
瓶の色に分かれた大きな箱(コンテナ)が置かれていますのでそれぞれに分別して入れましょう。

これは茶色の瓶用のコンテナです
Onda8.jpg

こちらは白(無色透明)用
Onda7.jpg

こちらは緑の瓶用です
Onda6.jpg



瓶を投げ入れる時の音が近隣住民の迷惑にならないように、投げ入れ可能曜日・時間も決められていますのでご注意ください。




Onda9.jpg

ちょっと削れてしまってますけど、
「月曜~土曜の08:00-20:00に投げ入れ可、日曜・祝祭日は終日投げ入れ禁止」
という主旨のことが書いてあります。
投げ入れ可能時間帯は置かれている場所によって異なりますので実際にご利用になるコンテナにて確認が必要です。


空き瓶の話にお付き合い頂き、ありがとうございました。
ドイツ リサイクル プファンド 空き瓶 ペットボトル どうする ごみ ボトル 瓶 缶 買い方 返し方 有料 ぼったくられた
2017年8月4日
スポンサーサイト

2017-08-04(Fri) 16:14| 暮らす💖| トラックバック(-)| コメント 2

コメント

リサイクル先進国ですね

お疲れ様です。

Pfandのお話、興味深かったです。さすが、リサイクルの先進国、ドイツですね。φ(..)メモメモ

ケチな私は、ドイツ訪問の際、試してみたいと思っていますw

ドイツでMineral Wasserはohneかmitか、中国で緑茶は加糖か無糖か、ちゃんと確認して買わないといけないことを勉強しました。でも、mitは飲みだすと、あの炭酸が癖になるんですよねw

2017-08-05(Sat) 00:14 | URL | マネージャーK #-[ 編集]

Re: リサイクル先進国ですね

マネージャーK様

いつも当ブログ記事にコメントをくださりありがとうございます。
ガス入りのお水、確かに日本ではあまり一般的ではありませんが飲みなれると本当に癖になりますよね。
私、今では普段購入するのはガス入り水です。

ドイツのドイツらしくて手軽に体験できること、こちらにお越しの際には是非お試しください!



2017-08-08(Tue) 08:50 | URL | MyBusGermany #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム