FC2ブログ

ドイツの年末年始

みなさま

新年、あけましておめでとうございます!!


本年もマイバスドイツをどうぞよろしくお願い申し上げます。


また、わたくし・ヨハネスベーレのことも、
どうぞよろしくお願い致します!!!



ちなみにドイツ語で『あけましておめでとうございます』は
Frohes neues Jahr!

(フローエス・ノイエス・ヤー(ル) =喜ばしい新年よ!! )


といいますよ!!





さて。


日本の皆様は今頃ゆっくりとお正月をお楽しみになっているところでしょうか(* ´ ▽ ` *)


どのような年末年始を過ごされましたか??



ドイツの年越しは日本の祝い方とはちょっと違い、
日本のように実家に帰って家族とゆっくりのんびり過ごすのではなく、
友達と集まってワイワイにぎやかに過ごします!
その代わり、
ドイツではクリスマスに実家に帰って家族と共に過ごすんですね。(昨年のクリスマスは4連休でした♪)



日本とは真逆ですよね~~!!


元旦はさすがに祝日になりますが、
1月2日には普通の日に戻り、
何事もなかったかのように仕事をしています。




・・・そんなわけで、私も2日から仕事初めだったのですが、

大晦日は毎年恒例の、ドイツ人の友人宅で7人でワイワイ年越し★でした。


・・・というわけで、


年末年始を伝統的に味わいつくす日本人のはしくれとして、
毎度、驚かずにはいられない、
ドイツ式の大晦日(ジルベスター)と年越しを今回はご紹介したいと思いまーす!!
(前置きが長くてすみません・・・!!)

まず、ドイツ人は年末の大掃除をしません。
(綺麗すきなので常にお掃除している説。)

年賀状!?書きません。

おせち料理の仕込み!?なんですかそれ???って話です。



私が友人宅でいただいたジルベスターの夕食はこちら!



↓↓続きを読むからどうぞ↓↓


Silvester1.jpg



ソーセージ、カルトッフェルザラート(ドイツのポテサラ。)ザウワークラウト、パン・・・・


もちろんビールは外しません。




ドイツ人、ブレません。
1年の最後の日だろうが何だろうが、貫き通しております。
(※ご家庭や地域によって個人差がございます。)



おまけに年越しソバなんて食べません!!!
代わりにドイツ人が大晦日に必ず食べると言われるのがこちら!!!!




Silvester2.jpg


その名もベルリーナー!!


なあんてことはない、ただの揚げパンです。
中にはこれまたコテコテのイチゴジャム。

これをまた年越し前後の深夜に老若男女が食べている。
ドイツ人の胃腸ってすごいんだなぁ・・・・と感心しきりの日本人。
(←そんな日本代表の私は一口食べて断念。)


それから毎度、まるで儀式のように彼らがこぞって食べ始めるのがこちら。
ゲッターシュパイゼ (=神々の食べ物という意味。)

Silvester6.jpg

Silvester3.jpg

なぁんてことはない、ただのゼリーです。

色はいつも三色。
赤・・・ラズベリー  黄色・・・レモン  緑・・・ヴァルトマイスター(ドイツではおなじみハーブ)

これも大晦日に必ず食べるのものだ!
と、みんな口を揃えて言うんですけど・・・

本当かどうかは怪しい。


せめてこの地域だけの風習ではないのだろうか??
(※ちなみにヨハネスベーレは北ドイツ・デトモルト付近にいました。)
と質問しても、


いや、至るところでだ!!!!

と、毎回みんなに真顔で言われる。
でも、

騙されてるだけかもしれない・・・。と、疑っている。(笑)


そうこうしながら23時45分頃になると、いよいよカウントダウンの準備!!
グラスにゼクト(ドイツのスパークリングワイン)を注ぎ始めます。

Silvester8.jpg


そうしてベルリンのブランデンブルク門のカウントダウン中継を背景に
10秒前からようやく一緒にカウントダウンを始め、


Silvester5.jpg


フローエス・ノイエス・ヤー!!!!

と、声高らかに
Anstoßen(アンシュトーセン)!! ⇒乾杯!!




・・・と同時に、
爆撃のようなけたたましい音が一斉に!!!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
一瞬空襲かと思うほど激しくて心臓に悪いのですが・・・・


Silvester7.jpg


そう、ニューイヤー名物・打ち上げ花火です。
こうしてドイツでは、元旦になった瞬間の深夜0時から1時すぎまで
それぞれ花火を打ち上げてお祝いするのです。
※私たちもやりましたよ!!
ちなみにドイツ人は日本みたいに夏に花火をしません。


・・・新年のイベントはここまで。・・・


そして元旦はまた、パンとチーズ、ハム、ソーセージを食べ、
普通の祝日らしく静かに過ごし、
翌日(二日)からの仕事にそなえるのであーーーるーーーー。



いかがでしたでしょうか??
これがクリスマスで盛り上がりをマックスに持っていったドイツ人の年越し風景でございます。
案外アッサリしてますよね。


日本の年越しも最高ですが、
たまには
ドイツへ異文化・年越し体験にお越しくださいませ~★.゚+.(・∀・)゚+.




2018年1月3日
スポンサーサイト

2018-01-03(Wed) 15:06| 暮らす💖| トラックバック(-)| コメント 2

コメント

ところ変われば・・・・。

ヨハネスベーレさん、本年もどうぞよろしくお願いします。

ところ変われば品変わる・・・・ドイツ式の年越しは、日本とは違い興味深いですね。ドイツは蛍の光を流さないのでしょうか。

日本での年越しもいいですが、ドイツの年越しも面白そうなので、一度くらい経験してもいいですね。それにしても、2日から仕事はいやですが(笑)。

2018-01-04(Thu) 01:38 | URL | マネージャーK #-[ 編集]

Re: ところ変われば・・・・。

マネージャーK様

コメントありがとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
蛍の光自体、そういえばドイツで一度も聞いたことがないですね。
(スコットランド民謡なので距離的には日本より近いはずですが・・。)
日本では、もういくつ寝るとお正月~♪という歌が有名ですが、ドイツのお正月ソングを
まったく知りません。そのかわり、クリスマスシーズンはたくさん歌を歌いますけれども。
ドイツの年越しも是非経験してみてください!日本人には違和感を感じる部分もたくさんあると思います。(笑)

2018-01-11(Thu) 09:53 | URL | MyBusGermany #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム