FC2ブログ

フランクフルトでおしゃれカフェめぐり♪

こんにちは!グミベアです

今日は、屋内でまったりしたいときにぴったりなフランクフルト中心部にあるおしゃれカフェをご紹介します。


IIMORI Pâtisserie
Braubachstraße 24
https://www.iimori.de/altstadt


まずは日本人の方が入りやすいところから♪
旧市街の観光スポットレーマー広場Römerbergのすぐ近くにあるIIMORI Pâtisserie。日本人パティシエのイイモリさんが手掛けるロマンチックでかわいいカフェです。日本語のわかる店員さんが多いので注文しやすいですヨ (o^^o)

猫脚のテーブルやソファが置かれているロココ調の店内
iimori3.jpg

おいしそうなケーキがたくさん。抹茶ケーキもあります
iimori2.jpg

トリュフも
iimori4.jpg

そして現地の日本人にとってうれしいのがこれ
iimori1.jpg
メロンパン&カレーパン。このホワホワな食感が・・・
噛みごたえあるドイツパンもいいけどアゴが・・・そんなときはぜひ!



↓↓続きを読むからどうぞ↓↓





L'Art Sucré
Große Bockenheimer Straße 25
http://www.lartsucre.com/


こちらはフランクフルトの巷でいま人気沸騰中のカフェL'Art Sucré。ドイツ人夫婦が営むMade in Germanyのフレンチカフェです。ドイツにだってフレンチカフェあるもん(๑˘・з・˘)
たくさんのレストランやカフェが立ち並ぶ食い物横丁Fressgassにあります。

ここのイチオシはマカロン
sucre1.jpg
ドイツなだけあってとにかくボリューミー!生地はふつうのよりひとまわり大きく、クリームはふつうの3倍は入ってます!( ̄∇ ̄) ドヤッ 

さすがドイツ・・・( ̄m ̄*)

味はCRÈME BRÛLÉE(クリームブリュレ)ROSE UND HIMBEERE(ローズ&フランボワーズ)がとりあえずものすごくオススメです。
sucre5.jpg

セッティングもおしゃれ。
sucre3.jpg

そしてケーキも
sucre4.jpg

秋冬限定モンブラン
sucre2.jpg
洋ナシのスライスのようなものも入ってて、とにかくオシャレな味がしました。食レポ下手か!ヾ( ̄o ̄;)

ドイツなだけあってケーキもやっぱりボリューミーw

「別腹」は世界共通ですネ (o ̄▽ ̄o)


WeWe
Weissfrauenstraße 7
https://www.wewe-cafe.de/


こちらはマイバスドイツ支店からすぐの隠れ家風モダンカフェWeWe。道を渡ったオフィスビルの一階にあります。少し奥まったところなので分かりづらいけれど、一歩入るとそこはおしゃれ空間
レーマー広場からも歩いていけますヨ (o^^o)

おしゃれ空間への入口
wewe5.jpg

お昼時に行くとスーツでビシィっとキメた銀行マンさんたちが昼間っから食後のおやつにケーキをほおばるラブリーなシーンに遭遇できます( ̄m ̄*) フランクフルトが金融都市であることを実感

ワイン片手に商談も w( ̄o ̄;)w
これがヨーロッパのビジネスシーンか・・・!!?φ(.. )メモメモ

ほどよい大きさだから食後にペロッといっちゃうんでしょう?
wewe3.jpg

こんなの(左)もペロッなんでしょう?
wewe4.jpg

グミベア的イチオシ。マジパントルテ
wewe6.jpg

特製ジャムやクッキーも
wewe7.jpg

そしてこんなステキなホールケーキもあります。夢ふくらむ・・・
wewe1.jpg



ということで今日はこのへんで。
フランクフルトのおしゃれカフェめぐり♪続編もお楽しみに。


フランクフルト発着マイバスツアーはこちら



2018年1月24日
スポンサーサイト

2018-01-24(Wed) 13:45| 食べる💖| トラックバック(-)| コメント 2

コメント

全部食べたいです(笑)

お疲れさまです。

先月、フランクフルトに行く前に知りたかった情報です(笑)。みんなおいしそう。

マカロンのサイズ、大食感の私には嬉しいです(笑)。

次回行ったときの宿題が増えました(笑)。ありがとうございます。

2018-01-24(Wed) 23:52 | URL | マネージャーK #-[ 編集]

Re: 全部食べたいです(笑)

マネージャーK様

いつもコメントをありがとうございます。

そうですよね、もっと早く記事をアップしていれば・・・!

次回お越しの際はぜひマカロンのお店にも立ち寄ってみてくださいね(*^^*)

なかなか一度に全部をお伝えすることができないのですが、まだまだご紹介したいドイツの魅力がたくさんありますので今後もご期待くださいませ!



2018-01-26(Fri) 10:51 | URL | MyBusGermany #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム